給与明細書不要 カードローン

給与明細不要、給与明細書が不要のカードローンはここ

 

 

給料明細

お金を借りたいのに会社の給与明細書などがないとすぐ借りられないのでは?と思っていませんか?

 

まず、お金を借りる時には本人確認に必要な書類があります。

 

それは身分を証明する書類と、収入を証明する書類です。

 

身分証明書とは、運転免許証、パスポートなどのいずれか。

 

収入証明書とは、源泉徴収票、確定申告書、住民税決定通知書、給与明細書など。

 

特に会社員やサラリーマンの場合、給与明細書などを提出する必要があります。

 

しかし、キャッシングによっては給与明細書が不要でも借りることが出来るのです。

 

もし、お金を借りるなら大手で信用のおけるところにしましょう!

 

 

 

ここでは給与明細書不要で借りられるカードローンをご紹介します。
キャッシングでお金を借り入れるという人が実は多いんです。キャッシングにあって他の県には無いといえばやはり大手銀行でしょう。

 

アコム、モビットなどもCMをやっていたりして大手で有名ですが、大手はキャッシングだけではありません。
銀行で借り入れをする時には、高額のお金が必要な時におススメです。
たとえば家を買う・車を買う・学費などです。

 

いずれも数年以上のローンを組んでから借りるものなので、できるだけ金利は低い方がいいでしょう。

 

銀行は消費者金融などに比べて金利が低く、高い買い物をする時は金利が低い方がいいのです。

 

キャッシング銀行が取り扱うローンについて紹介します。

 

まず、カードローンには銀行カードローンがあります。

銀行によっては使い道は自由(※ただし、事業性資金にはご利用いただけません)ですし、限度額も高めなカードローンもあるのでちょっとしたお金が必要な時にはこのローンを利用するといいでしょう。

 

目的別のローンとしては学資ローン・オートローン・ロードバイクローン・おまとめローンなどがあります。

 

これらは目的別のローンなので、好き勝手に使えるということではありません。

 

ですが用途別のローンなので、使う目的が上記に当てはまるのであれば、この目的別ローンを利用した方がお得に借りる事もできます。
他にもリフォームローンなどもありますので、目的が決まっていて大きなお金が必要な時はまず銀行のホームページを見てみましょう。

 

 

カードローンによっては審査がスピーディで、会社によってはわずか5分程度で済んでしまうところもあります。
5分以内にお金が必要なんてこともないでしょうから、それだけの時間があれば十分にお金を借りる手続きが出来てしまうのです。

 

もちろん消費者金融はアコム→プロミスなどの大手でもスピーディな審査なので、安心して借りることができます。

 

お金を借りるのですからヤミ金などではなく、大手で信用のおける金融会社を選ぶのをおすすめします。

 

借りる際は無理なく、自分の収入に合わせて返済できる範囲で借りることをおすすめします。

 

給料明細

給与明細書不要のカードローンをご紹介します。

 

 

イチオシはこの2つ→

 

プロミスも給与明細書なしで借りられますし、アコムも給与明細書不要で借りられます。

 

カードローンを契約するのに必要な書類は?
必要な書類は以下を用意しておきましょう。

 

身分証明書
給与明細書
銀行通帳
登録印鑑

 

を持参すれば、処理はとても速いです。

 

給与明細書(源泉徴収票といった収入証明用書類)は、100万円以下の場合不要であったりしますが、ここで紹介するカードローンに不要なのでご安心ください。(限度額は利用するサービスによって異なります)

 

 

収入証明不要で借りられるカードローン

キャッシングで給与明細書が不要で借りられるカードローン

 

 

カードローンやキャッシングのコマーシャルをテレビでもよく見かけますよね。
こういったものはつまり銀行といった金融機関、または消費者金融、クレジット会社が提供しています。

 

そして融資には審査がつきもの。この審査によって融資ができるかどうかを判断することになります。
その判断材料として融資を受ける方の住所や家族形態などや収入にまつわる情報として職業や収入証明といったものが必要になってきます。これらは見ず知らずの人に貸すわけですから、常識的に考えても返すことができるか確認しないといけませんので必要ですよね。
なので収入がなかったり、収入がありますよ!という証明を提示できない場合ですと例外はありますが審査が難しくなってしまい、最終的に融資が受けれないこともあります。

 

しかしサービスによってはこの収入の証明を必要としないものもあり、先に説明したキャッシングやカードローンが該当する融資になります。
こういったものでは即日での融資を可能としているものも少なくなく、さらに収入の証明を必要としなければ余計な手間も省けるため大変便利であると言えます。
しかし、すべての金融機関および消費者金融が融資を行っているそうであるわけではありません。

 

キャッシングの場合はカード現金化がポピュラーなものですがこれは違法性が現在問われているものとなっています。
なのでこれらは可能な限り利用しないほうがよいでしょう。

 

一方カードローンでは消費者金融に対し賃金業法に基づいた一定額以上に融資に対し収入証明の提示が義務付けられていますので収入証明が必要でない融資というものができなくなっているため、これに該当しない銀行系のカードローンであるならば条件付きで収入証明不要というところも少なくありません。
詳細については各サービスの公式サイトにてご確認ください。

給与明細書が不要なカードローンはこちら

プロミス

プロミス

 

WEB完結で、来店不要・カードレスで契約・借入まで可能
申込時間帯により、最短30分のスピード審査
最大30日間無利息期間あり

 

金利  4.5%〜17.8%(実質年率)
借入限度額  500万円まで
審査時間  最短30分
融資スピード  最短即日融資も可能

 

↓プロミスはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

アコム

来店不要で契約可能。即日融資も可能
最大30日間無利息サービス

金利  3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額  最高800万円
審査時間  最短30分
融資スピード  最短1時間

 

↓アコムはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

給与明細書、給料明細書がいらないカードローン

 

 

 

ローンやキャッシング等を利用する際、信用情報として収入証明を提出する必要があります。
これは、収入を証明する書類でありさまざまな書類が収入証明として利用をすることが可能です。

 

給与明細書、確定申告書、源泉徴収票や所得証明書等、これらは職場や税務署にお願いをする事で発行をして貰えます。

 

ただし、カードローンを利用する際に必ず必要なものではないのです。

 

基本的に、50万円もしくは100万円以下のカードローンの場合は収入証明書といった給与明細書なしで借りれるサービスがあります。詳細については各サービスの公式サイトにてご確認ください。

 

もし収入証明の提出に時間がかかる場合や提出をする事が難しい人は、いくらから給与明細書などで確認したうえで利用をしましょう。

 

収入証明は、返済能力を確認する為のもの。
なので返済能力を確認しなくても返済が大変ではない金額や職場がしっかりとしていて十分返済能力がある人であれば収入証明の提出が必要でない可能性も高いでしょう。

 

逆に、職場で在籍確認が取れなかったり返済能力に不安がある場合は収入証明を提出しなければいけない可能性があります。
もし借入までに時間があり出来るだけ円滑にカードローンの利用をしたい場合は、事前収入証明を用意しておくと良いかも知れませんね。